紫外線と日焼けの関係

紫外線が一年で最も強くなるのは、6月の夏至のころです。

ちょうど梅雨の時期ですが、梅雨の晴れ間に出る太陽からは、強力な紫外線が注がれるということなので、対策をしっかりしましょう。

紫外線による日焼けには、二種類あります。

皮膚が赤くなるものを「サンバーン」、黒く褐色になったものを「サンタン」とよんでいます。自分の日焼けのタイプを見極めて正しい日焼け止め対策が必要です。

紫外線は、細胞を酸化させる、活性酸素とよばれるものを発生させるだけでなく、体の免疫力まで低下させます。

これは、皮膚の老化を早めるのはもちろんですが、寿命にまで影響する可能性があるということです。

若い女性に限らず、男性も子供も、紫外線対策は、必要であると考えられます。

カテゴリー: 紫外線 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です