紫外線とは

人間の目に見える光は「可視光線」とよばれ、7色のプリズムに分けられます。

その中で紫は、最も波長が短いのですが、その外側のさらに波長の短いものを紫外線といいます。

紫外線は人間の目では、見ることはできません。

紫外線の中で、やや波長の長いものがUVAで、皮膚の奥深くまで届くので、しみやしわの原因になるといわれています。

これは、やっかいなことに、曇っていても、ガラス越しでも入ってくるのです。

生活紫外線とも呼ばれています。

これに対して、中ぐらいの波長のものがUVBで、強い日焼けや皮膚がんなどの原因になります。

波長が最も短いUVCというのもあり、DNAを破壊すると言われていますが、これは、オゾン層で吸収され、地上には届きません。

カテゴリー: 紫外線 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です