日焼けのデメリット

好んで日焼けをする人がたくさんいた時代もありますが、現在では、美白が美しいとされる傾向におちついています。

日焼けをすると、ただ単に皮膚の色が黒くなるだけではありません。

紫外線が、細胞の酸化を促す活性酸素を発生させ、皮膚の老化をまねいてしまいます。

そして、しみ、そばかすなどのもととなります。

さらに、皮膚がんを引き起こすこともあります。

また、体に異物が入ってきたとき、それを取り除こうとする免疫機能が低下してしまって、かぶれやすくなったり、風邪をひきやすくなったりします。

そして忘れてならないのが、紫外線をあびることによって起こる目の障害です。

水晶体がにごって、視力が衰えたり、白内障を引き起こす原因になると考えられています。

カテゴリー: 紫外線 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です