コラーゲンの種類

コラーゲンは、牛や豚、鶏などの動物のタンパク質から抽出できる「動物性コラーゲン」と、魚由来のコラーゲンである「フィッシュコラーゲン」の二種類に分けられます。

それらを比較してみると、動物性コラーゲンは、脂質が高く、高カロリーなのに対して、フィッシュコラーゲンのほうは、低カロリーなので、カロリーを気にせず、摂取できます。

動物性は、狂牛病をはじめとする、動物の病気からくる毒素などを含んでいるという危険性がありますが、魚には、そのような危険性はかなり低いと考えられます。

また、動物性のものは、その性質上、仕方ないのですが、独特のにおいや味が気になります。

それに対して、魚由来のものは、無味無臭なので、とても使いやすいのが特徴です。

カテゴリー: コラーゲン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です