コラーゲンとは

コラーゲンとは、人間の体を形成する上で、欠かせない、繊維状のタンパク質のことをいいます。

体や臓器の形を支える構造材としての働きがあり、また、細胞同士の接着剤の役割もしています。

体の全タンパク質のうち、約30%をカバーし、皮膚や毛髪、爪、血管など、あらゆる部分を構成しています。

コラーゲンは、常に体内で、分解と合成を繰り返しながら、酸素や栄養を供給しています。

動物の骨や軟骨などに豊富に含まれています。

また、最近の研究で、細胞の増殖や器官などの形成、他にも、傷口の治癒力の促進などに大きな影響があるということがわかりました。

年齢を重ねると、分解、合成のバランスが崩れ、コラーゲンが減少し、皮膚の弾力がなくなったり、関節痛を引き起こしたりします。

カテゴリー: コラーゲン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です