日焼けのデメリット

好んで日焼けをする人がたくさんいた時代もありますが、現在では、美白が美しいとされる傾向におちついています。

日焼けをすると、ただ単に皮膚の色が黒くなるだけではありません。

紫外線が、細胞の酸化を促す活性酸素を発生させ、皮膚の老化をまねいてしまいます。

そして、しみ、そばかすなどのもととなります。

さらに、皮膚がんを引き起こすこともあります。

また、体に異物が入ってきたとき、それを取り除こうとする免疫機能が低下してしまって、かぶれやすくなったり、風邪をひきやすくなったりします。

そして忘れてならないのが、紫外線をあびることによって起こる目の障害です。

水晶体がにごって、視力が衰えたり、白内障を引き起こす原因になると考えられています。

カテゴリー: 紫外線 | コメントする

紫外線と日焼けの関係

紫外線が一年で最も強くなるのは、6月の夏至のころです。

ちょうど梅雨の時期ですが、梅雨の晴れ間に出る太陽からは、強力な紫外線が注がれるということなので、対策をしっかりしましょう。

紫外線による日焼けには、二種類あります。

皮膚が赤くなるものを「サンバーン」、黒く褐色になったものを「サンタン」とよんでいます。自分の日焼けのタイプを見極めて正しい日焼け止め対策が必要です。

紫外線は、細胞を酸化させる、活性酸素とよばれるものを発生させるだけでなく、体の免疫力まで低下させます。

これは、皮膚の老化を早めるのはもちろんですが、寿命にまで影響する可能性があるということです。

若い女性に限らず、男性も子供も、紫外線対策は、必要であると考えられます。

カテゴリー: 紫外線 | コメントする

紫外線とは

人間の目に見える光は「可視光線」とよばれ、7色のプリズムに分けられます。

その中で紫は、最も波長が短いのですが、その外側のさらに波長の短いものを紫外線といいます。

紫外線は人間の目では、見ることはできません。

紫外線の中で、やや波長の長いものがUVAで、皮膚の奥深くまで届くので、しみやしわの原因になるといわれています。

これは、やっかいなことに、曇っていても、ガラス越しでも入ってくるのです。

生活紫外線とも呼ばれています。

これに対して、中ぐらいの波長のものがUVBで、強い日焼けや皮膚がんなどの原因になります。

波長が最も短いUVCというのもあり、DNAを破壊すると言われていますが、これは、オゾン層で吸収され、地上には届きません。

カテゴリー: 紫外線 | コメントする

コラーゲンの効果

コラーゲンを摂取することによって、いろいろな効果が期待できます。

コラーゲンはお肌の弾力を支配しており、真皮の約90%を占めています。

網目状になった真皮層の細胞同士の間に接着剤のように存在し、細胞を規則正しく整列させて、皮膚をしっかりと支えています。

ですから、コラーゲンを摂取すると、老化したお肌に潤いやハリ、弾力を与えて、シミやシワを防ぐ働きがあります。

目の角膜や水晶体にも存在しているので、眼精疲労にも良いとされており、目の疲れや渇きをいやしてくれます。

骨の中にも存在するコラーゲンは、カルシウムの沈着を助けるとともに、骨を丈夫にしてくれ、関節痛や骨粗しょう症などの改善にも効果が期待できます。

また、頭皮もお肌と同じように、頭皮層部分はコラーゲンが支えているので、コラーゲンを摂ることで、髪にツヤと潤いを与え、白髪対策にもなります。

カテゴリー: コラーゲン | コメントする

コラーゲンを含む食品について

コラーゲンを含む食品には、どんなものがあるのでしょうか。

まず、一番多いのは、牛で、特に牛すじ肉やテール肉には、たっぷりのコラーゲンが含まれています。

すじが多い部分なので、長時間煮込んで、ゼラチン化させてやわらかくしたものをいただくのがよいでしょう。

また、豚の耳や足にも、とても多く含まれているので、効率よくコラーゲンを摂ることができます。

鶏の軟骨は、そのまま食べられるのでたっぷりとコラーゲンが摂取できます。

手羽の部分の皮や軟骨は、煮込んでスープにすると効率がアップします。

他にも、魚のウロコの中側には、豊富なコラーゲンが含まれており、現在では、さまざまな商品に使われています。

うなぎや鮭などの皮にも含まれているので、これらは、皮ごといただくことをおすすめします。

カテゴリー: コラーゲン | コメントする

コラーゲンの種類

コラーゲンは、牛や豚、鶏などの動物のタンパク質から抽出できる「動物性コラーゲン」と、魚由来のコラーゲンである「フィッシュコラーゲン」の二種類に分けられます。

それらを比較してみると、動物性コラーゲンは、脂質が高く、高カロリーなのに対して、フィッシュコラーゲンのほうは、低カロリーなので、カロリーを気にせず、摂取できます。

動物性は、狂牛病をはじめとする、動物の病気からくる毒素などを含んでいるという危険性がありますが、魚には、そのような危険性はかなり低いと考えられます。

また、動物性のものは、その性質上、仕方ないのですが、独特のにおいや味が気になります。

それに対して、魚由来のものは、無味無臭なので、とても使いやすいのが特徴です。

カテゴリー: コラーゲン | コメントする

コラーゲンとは

コラーゲンとは、人間の体を形成する上で、欠かせない、繊維状のタンパク質のことをいいます。

体や臓器の形を支える構造材としての働きがあり、また、細胞同士の接着剤の役割もしています。

体の全タンパク質のうち、約30%をカバーし、皮膚や毛髪、爪、血管など、あらゆる部分を構成しています。

コラーゲンは、常に体内で、分解と合成を繰り返しながら、酸素や栄養を供給しています。

動物の骨や軟骨などに豊富に含まれています。

また、最近の研究で、細胞の増殖や器官などの形成、他にも、傷口の治癒力の促進などに大きな影響があるということがわかりました。

年齢を重ねると、分解、合成のバランスが崩れ、コラーゲンが減少し、皮膚の弾力がなくなったり、関節痛を引き起こしたりします。

カテゴリー: コラーゲン | コメントする